ワイヤー式パワーストーンブレスレット

おしゃれなパワーストーン愛好家に評判

ナイロンコートワイヤー通しニューホック留め当ショップのブレスレットは仕上げにシリコンゴムやオペロンゴムを使用したものがメインとなりますが、ワイヤーを使用したパワーストーンブレスレットにもしっかり対応しております。ワイヤー&ニューホックは外しやすいけど着ける時が苦手。私は金属アレルギーだから嫌だ。金属部品を使用したパワーストーン・アクセサリーは浄化方法が限られてしまう。パワーストーンの開運波動が乱れやすいのでは?などなど、意外とネガティブなご意見が多いワイヤータイプ・ブレスレット。しかし、ブレスレットの着け外しを頻繁にされてゴム紐を痛めやすい方、各種ゴム紐では味わうことのできない、ワイヤー式ならではのファッショナブルな雰囲気をお求めの方に根強く支持されているのが「ナイロンコートワイヤー通しニューホック留めタイプ」です。

さらに丈夫な金具を採用しました(2015年7月)

ナイロンコートワイヤー通しCORE金具留め

(上の写真のブレスレット両端にある「アンティークゴールド」色の金具)2015年の新作「COREブレスレット」のために調達した「CORE金具」は当ショップ史上最高の強度を誇ります。パワーストーン12mm玉の上下に10mm玉を配置したスーパーヘビー級の重量を支える留め具として「ニューホック」ではパワー不足でした。この「CORE金具」を入手した当ショップのアイテム・デザインはさらに独自性を強めて自由度を増していくはずです。

ニューホック留め方の改善(2009年9月)

ダルマからツブシへ

当ショップのブレスレットやネックレスに使用していた【上部-写真-左】ダルマチップ(丸い金具)を廃止して、新たに【上部-写真-右】ツブシダマ(平たい金具)へと変更しました。これにより留め具(金具)の耐久性(強度)が向上しました。2015年現在でも軽量級の数珠ブレスレットには、こちらのニューホックを留め具として使用しています。ちなみにネックレスはニューホックではなく引き輪を使用しています。

ワイヤー式ブレスレットに変更できます

改善されたパワーストーンブレスレット当ショップのほとんどのブレスレットをワイヤータイプにカスタマイズ可能です。ワイヤータイプは「ワンポイント・デザイン」や「単色デザイン」のブレスレットと相性が良いです。各ページで「ワイヤータイプに変更希望」とお申し付けください。または、お好みのパワーストーンブレスレットの商品名をご確認のうえ、ご気軽にオーダーメードをお申し付けください。なお、ワイヤータイプの場合は、同サイズの各種ゴム紐タイプと比較して、天然石の玉数が2玉~4玉ほど少なくなります。また、当ショップの数珠ブレスレット・デザインの基本は「左右対称」です。このこだわりを守るために大きさの異なる丸玉を加えるなどしますので、デザインの印象が大きく変わることがございます。予めご了承ください。

※金属部品を使用しておりますので海水などに濡れたまま放置しますと錆が発生する可能性があります。

※留め具部分に強い力をかけますと破損する恐れがございます。丁寧なお取り扱いをお願いいたします。