パワーストーンに休息日を与える意味

パワーストーンが心身にジャストフィットしてくると「外したくない」「外す必要などない」と思う方が多いようです。それはパワーストーンと持ち主の相性が良い証拠ですし、パワーストーンをお届けさせていただいている私としても嬉しい限りです。

パワーストーンとの付き合い方は人それぞれです。天然石に休憩は必要ないとお考えの方も大勢いることでしょう。私自身、愛用しているパワーストーンブレスレットを外すことは稀ですが、入浴時、睡眠中と浄化時に加えて週に一日は外しています。

パワーストーンは「家族やペットと同じ」と表現しては誤解されそうですが「大切に育てている観葉植物と同じ」なら理解されそうです。活き活きとした植物の元気を保つためには健全な環境が必要です。植物は光合成によって二酸化炭素を吸収し酸素を放出しています。しかし、それは植物の葉に水分が供給されていることが条件となります。

パワーストーンは生きた植物にそっくりです。他人からの邪念をはね返し、時には持ち主の邪念を吸収し、持ち主を癒したり元気づけるためにパワーを放出します。定期的に浄化してあげればしっかりと働いてくれます。そして、その役目を終えた時に枯れて砕け散る。もしくは、そっと静かに持主の元を去るのです。

仕事と食事だけの毎日では流石のパワーストーンも疲れてしまいます。パワーストーンにも休息日を与えてあげたいと私は考えています。それは浄化してリフレッシュしてもらうタイミングとして最適です。